茶道具などの美術品は買取店でも需要が高い

価値のあるものを埋もれさせない

有名な美術品の中には、その価値を知られないまま日用品として扱われていたものさえあります。ずっと保管状態が良いままなら良いのですが、紛失や破損してしまうこともありますので、不用なら適切な場所に買取してもらった方が良いです。

様々な美術品の買取が利用されています

マネー

絵画を売却するときのコツがある

家にある美術品の価値を知っている人は少ないです。特に絵画は「とても高いだろう」と思ってしまったり、逆に「安いだろう」と軽く扱ってしまったりすることがあります。絵画を売却する際には理解を深めて行ないましょう。

READ MORE
ウーマン

美術品をスムーズに買取してもらう

何事も段階というものがありますが、もちろん美術品買取の際にもある程度決められた流れがあります。その作品の価値を知るために鑑定士がじっくりチェックしますので、それまでの流れや保管方法を知っておくと良いです。

READ MORE

かなりの値段になることもある

気に入っているものならずっともっていて鑑賞するだけでも価値があるのが美術品です。ちょっとお小遣いが欲しい、という人であれば、買取店に持っていけばかなりの値段になることもあるのです。どちらにしろ美術品はその価値を把握しておきましょう。

【PR】
美術品は高値で買取する業者へ。
現金に換える。

茶道具の買取を希望
最短で査定ができちゃう

酒の買取を横浜でプロに頼む
気軽に相談ができる

数百万円するものもある

手

箱書きに注目

茶道具が家にある人で、今あまりお茶もしていないというのであれば、買取店に持ちこんでみましょう。
このとき、箱書きに題名や作者名が書かれているなら、一緒に持っていって鑑定してもらうと良いです。

一致させることが大事

しかし、箱と茶道具が別々になっているというのであれば、どれが適切な箱なのか分からないという人もいます。
一致させて鑑定してもらうことが大事なのは分かっているのですが、茶道具が祖父母のものだったり貰ったものだったりすると、知識もないので混乱してしまうのです。

プロに判断してもらう

混乱してどれがなにか分からないというのであれば、出張して査定してもらいましょう。
全てをお店に持ち込むのは大変ですので、全てを一致させて正しい値段で売却するためにも、鑑定士に家に来てもらうサービスを活用した方が良いのです。

箱の種類

時代を経て愛されている茶道具には数百万円の価値があるものもあります。そういった茶道具を判断するためにも、箱が重要なのです。
杉で作られた箱だったり、桐で作られていたりするのであれば、それぞれ作られた時代が違うことが分かりやすくなります。

広告募集中